研究炉利用ホームページ

矢印 利用方法

1.照射利用の場合

  (試料をキャプセル等に封入して原子炉内で中性子等の放射線を照射する利用)
JRR-3照射孔特性一覧あるいはJRR-4照射孔特性一覧により、 希望する照射条件の照射孔等を選択し、JRR-3利用施設利用日程あるいはJRR-4利用施設利用日程により、定められた受付日までに記入要領にしたがって必要事項を記入し、日本原子力研究開発機構(以下、「原子力機構」という。)内の方は研究炉利用課に、原子力機構外の方は施設利用課に「施設共用照射申込書」を提出して頂くことになります。インターネットを利用してWeb上から申し込む場合は、ネット申込により利用者登録を済ませ、ID等を取得してからから申し込みを行って下さい。

ただし、JRR-3の垂直照射孔で計装付きの照射等を行う場合は、設計・製作等に長時間を要しますので早めにご連絡下さい。
2.中性子ビーム実験利用の場合

  (原子炉から水平実験孔等により中性子を導き、利用する場合)
 中性子散乱実験中性子ラジオグラフィ実験中性子即発ガンマ線分析実験等の中性子ビーム実験設備では、設備の所有者(原子力機構 量子ビーム応用研究部門、先端基礎研究センター、東京大学 物性研究所(以下、「東大物性研」という。))等が決まっており、申込はそれぞれの設備所有者宛に行うことになります。

(1)東大物性研所有の設備は、同大の公募に応募し、審査を経た後利用することが出来ます。実際の利用に際しては、原子炉運転サイクルの前に東大物性研から施設利用課に「施設共用実験申込書」を提出して頂くことになります。

(2)原子力機構量子ビーム応用研究部門及び先端基礎研究センター所有の設備は、同部門及びセンターの研究者が利用していおりますが、原子力機構外の利用者が同設備を利用したい場合は、原子力機構 施設利用課へお問い合わせ下さい。実際の利用に際しては、同設備の研究者との調整(マシンタイム等)を行った後、原子炉運転サイクルの前に原子力機構内の方は研究炉利用課に、原子力機構外の方は施設利用課に「施設共用実験申込書」を提出して頂くことになります。

(3)原子力機構量子ビーム応用研究部門所有の中性子ラジオグラフィ装置及び中性子即発ガンマ線分析装置を利用するには、前年度末に「年間計画書」を、実際に利用する原子炉運転サイクルの前(前週の火曜日)に「実験申込書」(原子力機構外の場合は「施設共用実験申込書」)を研究炉利用課(原子力機構外の場合は施設利用課)に提出して頂くことになります。
  なお、マシンタイムの調整は前年度末の年間申込後に行われますので、ご利用に際してはお早めにご相談下さい。
3.中性子ビーム実験以外の実験利用の場合

  中性子ビーム実験以外の実験利用(医療照射、運転実習等)では、申込受付日(前週の火曜日)までに原子力機構内の方は「実験申込書」を研究炉利用課に、原子力機構外の方は「施設共用実験申込書」を施設利用課に提出して頂くことになります。また、特にJRR-4において、運転出力の変更等を伴う場合は事前に(年間申込時あるいは1ヶ月以上前に)研究炉利用課にご相談下さい。
4.ホットの実験室を使用する場合

  原子力機構 研究炉加速器管理部では、JRR-1(3部屋)、JRR-3(3部屋)、JRR-4(1部屋)にホットの作業が行える実験室を所有しております。これらの実験室を使用する場合、電話等により予め使用する日の予約をとってから、使用する1週間前までに原子力機構内の方は「実験室使用申込書」を研究炉利用課に、原子力機構外の方は「施設共用実験室使用申込書」を施設利用課に提出してください。
  また、その年度最初の実験室使用前に保安教育訓練を受けることになりますので、お時間に余裕を持った実験計画をお考え下さい。

戻る

Copyright